『地平線通信』(第17回目)

2017年9月号より

「70代編日本一周」にスタート!!!

●みなさん、お元気ですか。今年の夏はどのようにお過ごしでしたか。ぼくはバイクで東北を走りまわってきました。明治初期に日本を旅したイギリス人女性イサベラバードの書き残した『日本奥地紀行』の足跡を追って、栃木・福島県境の山王峠を越え、新潟、山形を経由し、羽州街道で青森まで行きました。「ダムめぐり」では、70あまりのダムカードを配布している東北のダムに行きました。「岬めぐり東北一周」で全部で92岬に立ちました。「東京→青森・林道走破行」では全部で18本の林道を走りました。と、おもしろい夏でしたよ。

●ところでぼくは9月1日で70歳になります。いや〜、まさに光陰矢の如しで、まさか自分が70歳になるとは夢にも思いませんでした。それを嘆いていても始まらないので、9月1日には「70代編日本一周」に出発します。「30代編日本一周」(1978年)を皮切りにして、「40代編日本一周」(1989年)、「50代編日本一周」(1999年)、「60代編日本一周」(2008年)と、ほぼ10年ごとに年代編の日本一周を繰り返してきましたが、それにひきつづいての「70代編日本一周」になります。

●そのほかにも「島めぐり日本一周」(2001年〜2002年)、「温泉めぐり日本一周」(2006年〜2007年)、「林道日本一周」(2010年)とテーマ編の日本一周もおこなってきましたので、今回の「70代編日本一周」は8度目の日本一周ということになります。

●今回の「70代編日本一周」は「東日本編」と「西日本編」の2分割でまわります。「東日本編」は9月1日から10月10日までの40日間、「西日本編」は11月1日から12月10日までの40日間、合計80日を予定しています。「生涯旅人!」をモットーにしているカソリですので、「70代編日本一周」を新たなスタートにして、70代もトコトン、バイク旅をつづけていきたいのです。

●今回の「70代編日本一周」では、日本の47都道府県に足を踏み入れます。メインコースは日本列島の海岸線で、自分の走ったルートで日本地図を描くようなものにします。その間では何本ものループのコースをつくり、内陸部をまわります。

●ぼくのバイク旅の二大テーマは峠と温泉。2017年1月1日現在、1689峠を越え、1927湯(1湯1温泉地の数え方をしています)の温泉に入っていますが、今回の日本一周でもより多くの峠を越え、より多くの温泉に入るつもりでいます。さらにできるだけ多くの岬にも立つつもりにしています。

●我が「日本一周」の原点は「30代編日本一周」です。今から40年も前のことになりますが、今回の「70代編日本一周」では同じようなコースも走るので、この40年間の日本の変化をしっかりと見ようと思っています。

●使用するバイクは7月6日から国内での販売が開始されたスズキのニューモデル、V−ストローム250です。今年の「東京モーターサイクルショー」で衝撃の出会いをした瞬間、「日本一周はV−ストローム250で走ろう!」と心に決めていました。自分の心の中にひそむチャレンジ精神をおおいに刺激してくれるようなアドベンチャーツアラーのバイクです。日本のどこかでぼくを見かけたら、ぜひともお声をかけてください。お願いしますね。最後に我が「日本一周」のデータをぜひともご覧になってください。

■賀曽利隆の「日本一周」一覧■
[01]30代編日本一周
   1978年8月28日〜1978年11月16日(64日)
   「東日本編」「西日本編」の2分割
        スズキ・ハスラーTS50(空冷) 18,981キロ
[02]40代編日本一周
   1989年8月17日〜1989年11月16日(92日)
        スズキ・ハスラーTS50(水冷) 18,984キロ
[03]50代編日本一周
   1999年4月1日〜1999年10月29日(122日)
   「西日本編」「東日本編」の2分割
        スズキDJEBEL250GPS 38,571キロ
[04]島めぐり日本一周
   2001年3月22日〜2002年4月22日(154日)
   「伊豆諸島・小笠原諸島編」「本州東部編」「北海道編」
   「本州西部編」「四国編」「九州編」「沖縄編」の8分割
      スズキSMX50、スズキ・バーディー90 23,692キロ
[05]温泉めぐり日本一周
   2006年11月1日〜2007年10月31日(296日)
   「関東編」「甲信編」「本州西部編」「四国編」「九州編」
   「本州東部編」「北海道編」「伊豆諸島編」の8分割
   関東編   スズキGSR400
   甲信編   スズキST250
   本州西部編 スズキDJEBEL250XC
   四国編   スズキスカイウェイブ400
   九州編   スズキ・バンディット1250S
   本州東部編 スズキDR−Z400S
   北海道編  スズキDR−Z400SM
   伊豆諸島編 スズキ・アドレスG125V
                         60,719キロ
[06]60代編日本一周(第1部)
   2008年10月1日〜2008年12月27日(80日)
   「西日本編」「東日本編」の2分割
   スズキ・アドレスV125G 19961キロ
[07]60代編日本一周(第2部)
   2009年4月1日〜2009年10月28日(151日)
   「四国八十八ヵ所めぐり」 スズキ・アドレスV125G
   「日本百観音霊場めぐり」 スズキ・アドレスV125G
   「奥の細道紀行」     スズキST250
   「東北四端紀行」     スズキDR−Z400S
   「奥州街道を行く!」   スズキDR−Z400S
   「北海道遺産めぐり」   スズキDR−Z400S
                          41,609キロ
[08]林道日本一周
   2010年5月12日〜2010年9月10日(78日)
   「西日本編」「東日本編」の2分割
   スズキDR−Z400S、スズキ・ビッグボーイ   28,208キロ

■賀曽利隆の「日本一周」の著作等一覧■
[01]30代編日本一周
   『50ccバイク日本一周・上下巻』
       (1984年5月15日・交通タイムス社)
[02]40代編日本一周
   『50ccバイク日本一周2万キロ』
       (1990年11月15日・JTB)
[03]50代編日本一周
   『日本一周 バイク旅4万キロ 上下巻』
       (2000年4月1日・昭文社)
[04]島めぐり日本一周
   『50ccバイク 島めぐり日本一周』
       (2005年7月1日・小学館)
[05]温泉めぐり日本一周
   『300日3000湯めぐり日本一周 上下巻』
       (2008年9月1日・昭文社)
[06]60代編日本一周(第1部)
   『カソリング』(連載385回)
[07]60代編日本一周(第2部)
   「四国八十八ヵ所めぐり」 『カソリング』(連載169回)
   「日本百観音霊場めぐり」 『カソリング』(連載150回)
   「奥の細道紀行」     『カソリング』(連載83回)
   「東北四端紀行」     『カソリング』(連載40回)
   「奥州街道を行く」    『カソリング』(連載23回)
   「北海道遺産めぐり」   『カソリング』(連載56回)
[08]林道日本一周 
                『カソリング』(連載213回)

■賀曽利隆の旅の記録・2017年1月1日現在■
 旅の日数      7,273日
 バイクで走った距離 1,519,518キロ
(この通算の日数と距離は1968年4月12日に「アフリカ大陸一周」に旅立った以降のものです)

我が日本一周の原点、「30代編日本一周」(1978年)。スズキ・ハスラーTS50(空冷)で1万8981キロを走った。その途中ではスズキの本社を表敬訪問。当時は可美村だった。今では浜松市になっている
我が日本一周の原点、「30代編日本一周」(1978年)。スズキ・ハスラーTS50(空冷)で1万8981キロを走った。その途中ではスズキの本社を表敬訪問。当時は可美村だった。今では浜松市になっている