我が思い出のバイク[8]

DR250S

「南米一周」(1984年〜1985年)の相棒のスズキDR250Sです。最大の難関はアマゾンの密林越えでした。すさまじい泥土地獄で、泥を取る木の棒が一番の必需品でした。
DR250S(1982年)
1982年に発売されたスズキ初の4ストローク250ccディアルパーパスモデル。
エンジン:空冷4サイクル単気筒 249cc
最高出力:22ps/8,500rpm
最大トルク:2kgm/6,500rpm
スペックは日本モーターサイクル史(八重洲出版)より引用
旅の様子はメルマガ「カソリング」にて紹介しています。
 カソリングvol.138(2012年10月17日発行)