青春18きっぷ de 東北列車旅[05]

2018年(5)8月3日 一ノ関駅 → 盛岡駅

東北本線の終点に到着

 一関から盛岡行の4両編成の電車に乗る。中尊寺のある平泉、前沢牛の前沢、南部鉄瓶の水沢と通っていくが、「北国にやってきた!」という実感を強くする。

 電車は北上川流域の水田地帯を走る。

 北上では北上線、花巻では釜石線が分岐するが、ともに乗り降りする乗客が多かった。

 石鳥谷、日詰、矢幅を通って盛岡へ。夕日が奥羽山脈の向こうに落ちていく。

 18時04分、盛岡に到着。電車は折り返しの一関行になり、大勢の乗客が乗り込んだ。

 盛岡は東北本線の終点だ。時刻表を見ると、東京駅から535キロの地点。この先の青森までは、岩手県内はいわて銀河鉄道、青森県内は青い森鉄道になる。