30年目の「六大陸周遊記」[072]

[1973年 – 1974年]

サハラ砂漠縦断編 2 サンルイ[セネガル] → アキューズ[セネガル]

国境のセネガル川

 セネガルの古都サンルイからモーリタニア国境へ。100キロほどの距離がある。車に乗せてもらえないまま、北に向かって歩いた。南京豆畑。枯れた木を多く見る。乾燥した風景。やっとオンボロのルノーに乗せてもらう。その車は何度も調子が悪くなり、そのたびにエンジンを見る。やっとの思いで国境の町、ロッソに着いた。

 目の前にはセネガルとモーリタニアの国境のセネガル川が悠々と流れている。この川を渡ってモーリタニアに入れば、そこはもうサハラ砂漠の世界だ。

 1972年の「サハラ縦断」がなつかしく思い出される。

 そのときは今回とは逆に南下したが、セネガル川の流れと河畔の緑を見たときは大感動で、「おー、水だ、緑だ!」と、裸になってセネガル川に飛び込んだ。砂漠を見つづけてきた目には、セネガル川の流れはあまりにも強烈だった。

セネガルとモーリタニアの国境を流れるセネガル川
セネガルとモーリタニアの国境を流れるセネガル川
セネガルとモーリタニアの国境を流れるセネガル川
セネガルとモーリタニアの国境を流れるセネガル川
セネガル川をフェリーで渡るトラックの列
セネガル川をフェリーで渡るトラックの列
セネガル川を渡るカヌー
セネガル川を渡るカヌー
セネガル川を渡るカヌー
セネガル川を渡るカヌー
セネガル川で洗濯する女性
セネガル川で洗濯する女性
モーリタニアに入る
モーリタニアに入る
モーリタニアの首都ヌアクショット

 セネガル側のロッソには、フェリーを待つトラックの長い列ができていた。それを見ながらカヌーで対岸のモーリタニア側のロッソに渡る。セネガルの出国手続き、モーリタニアの入国手続きはじつに簡単なもの。それだけ両国の人の行き来、物の行き来が多いということなのだろう。

 セネガル川を渡ると、急激に緑が薄れる。脳天を焼き尽くすような暑さ。炎天下を歩きはじめたが、じきに首都ヌアクショットまで行く役人のプジョーに乗せてもらえた。車は120キロぐらいのスピードで突っ走る。

 あっというまに砂漠の風景に変っていく。

 国境からヌアクショットまでは200キロほど。2時間もかからずに到着した。

 真昼のヌアクショットの暑さは言葉ではいい表せないほど。歩く気力をなくし、夕方になるまで、町の中央の市場でゴロゴロしていた。

 ここでも1972年の「サハラ縦断」がなつかしく思い出された。そのときは猛烈な砂嵐に見舞われた。白っぽい砂ですっぽりと覆われた町の姿はまるで雪気色。大通りを除雪車ならぬ除砂車が忙しげに動きまわっていた。

モーリタニアの首都ヌアクショットに到着
モーリタニアの首都ヌアクショットに到着
炎天下のヌアクショット
炎天下のヌアクショット
ヌアクショットからアキューズへ
ヌアクショットからアキューズへ
炎天下のヌアクショット
炎天下のヌアクショット
遊牧民のテントで泊まる

 すべてを焼き尽くすような太陽が西の空に傾く。やっと歩けるような状態になり、ヌアクショットを出発する。

 じつにラッキーなことに、歩き出して間もなく、乗せてもらえた。その車はアキューズへの手前で舗装路を外れ、砂漠の中を走る。

 前方に遊牧民のテントが見えてきた。井戸があり、砂漠の民のモール人がラクダやヤギ、ヒツジに水を飲ませていた。ぼくを乗せてくれた人は遊牧民のテントをまわる行商人のようだ。

 とあるテントに連れていかれる。2本の丸太を柱にし、ラクダの毛で編んだ布を屋根にかけている。同じくラクダの毛で編んだ絨毯がテントの中に敷かれている。

 お茶をいただく。中国製の緑茶だ。それに砂糖を入れて飲む。

 お茶のあとは礼拝。テントから外に出、砂の上にひれ伏し、メッカの方角に向かって祈る。礼拝が終ると夕食。客人をもてなすためなのだろう、羊肉が出た。

 夜はそのテントで泊めてもらう。

 夜中に突風に見舞われ、テントは飛ばされた。あわてて飛び起きたが、遊牧民たちは驚きもしないで平然とした顔をしている。テントなどは簡単に建てられるからだ。やがて何事もなかったように風はやんだ。見上げる空は満天の星空だった。

アキューズに到着

 サハラの夜明け。砂漠をほんのりと白く浮き上がらせ、やがて空一面に色づいてくる。地平線に昇る朝日。すべてのものを焼き尽くす真夏のサハラの1日の幕が切って落とされた。

 遊牧民のテントを出発。砂漠の中を走り、やがて首都ヌアクショットと銅山のあるアキューズを結ぶ舗装道路に出る。

 ヌアクショットから250キロのアキューズに到着。ここまでが舗装路だ。

 この先、もうヒッチハイクはできない。お金を払って車に乗せてもらうしか、方法がない。いよいよ厳しいサハラの旅がはじまった。